マンション経営における手付金について

マンション経営のための収益物件を購入するときには手付金を支払わなければならないのが普通です。売買契約を結ぶときにいくらかの手付金を支払います。物件代金の1割くらいを支払うことが多いようですが、その内容は売買契約によって異なりますから、売買契約を結ぶ前に確認しておきましょう。手付金の意味についてですが、まず本当に購入する意思があるのかどうかを確認するために支払うという意味があります。

マンション経営をするために物件の売買契約を結んだ後に、やっぱりやめようという気が起こらないように先に手付金を渡しておくという意味があるわけです。先に一部を支払っているだけですから、一時的に預けていると言っても良いでしょう。もしも売買契約を結んだ後に、やっぱり買うのをやめようと思った場合、それは可能ですが預けている手付金は放棄しなければなりません。これが手付け流しと呼ばれます。

そこそこの金額ですから、手付金を放棄したくないと思う人が多く、そのために契約を履行するインセンティブにもつながります。売り手側にも同じ事が求められて、もしも売買契約を結んだ後に売り手が売りたくないといった場合、売り手は預かっている手付金を放棄して、そしてさらに同額を上乗せして支払います。これを倍返しと呼びます。マンション経営の収益物件を探すのには多くの時間と手間を費やしていますから、売り手が一方的に解約されると困ります。

そのために倍返しの制度があると考えられます。