景気に左右されにくいマンション経営

マンション経営の魅力の一つが景気の影響が小さいことです。もちろんですが景気が良くなってくると賃料収入を高めることができますし、景気が悪くなると賃料収入が低くなることもありますが、一般的な会社が受ける影響よりもかなり小さいと考えられます。なぜかというと、生活に必要なものだからです。景気が悪くなって給料が下がったからと言って、野宿して生活しようという人はいないと思います。

生活費を削っていくことは考えるでしょうし、家賃の安いマンションに引っ越しをしようと考える人はいるでしょうが、野宿しようと考える人はおそらくいないと考えられます。どこかに住まなければならないのですから、全体としてみれば需要は安定していると考えられます。景気が悪くなって利益が減ることはあったとしても、景気が悪くなったことによってマンションに住む人がいなくなると考えるのは無理があります。景気の影響を受けにくいと言うことは、マンション経営の魅力の一つだと考えられるのです。

特に短期的な景気の悪化には強い傾向があります。以前にサブプライムローン問題が悪化してリーマンショックが起こりました。このような場合に、空室率が上がった物件も多少はあるようですが、家賃を一気に下げなければならないと言ったことは考えにくいでしょう。このように、マンション経営は世界規模の景気悪化でも影響を受けにくい傾向がありますから、ある程度の安定性を求める人には適しています。