マンション経営の流動性のリスクについて

マンション経営は投資としては基本的な方法で、大きな資産を作りたいという人にとっても適しています。しかし、流動性リスクがあることを把握しておかなければなりません。流動性とは取引のしやすさを指します。不動産は全般的に言って流動性が低いという特徴があります。

つまり、売買が簡単に行うことができない傾向があるのです。株式投資などと比較してみるとわかりやすいでしょう。株式投資の場合、保有している資産を現金に換金したいと思った場合、市場ですぐに売ることができます。最近では即日で現金化できるサービスなどもありますから、流動性は非常に高いと言えるでしょう。

これに比べると、マンション経営の流動性リスクは非常に低いことが分かると思います。マンションを保有している状態で、お金が必要になればマンションを売却しなければなりません。そのためには、まず不動産屋に行って売却のお願いをしなければならないでしょう。そして、買い手が見つかれば価格交渉をするのが一般的です。

その後は売買契約を結ぶなどの手続きを行わなければなりません。数ヶ月ですべての手続きが終わることもありますし、半年から1年くらいかかることもあります。このようなことを考えれば、マンション経営は非常に流動性が低いことが分かるはずです。マンション経営は、一度始めると長期間にわたって投資をするもので、基本的には短期売買には適していないと言うことは頭に入れておいた方が良いでしょう。