マンション経営を始める前に知っておくべきこと

税金対策や老後の定期的な収入のためにマンション経営をする人は多いです。マンションを購入すると、マンション代以外にもお金がかかります。初期費用として、登録免許税や司法書士手数料、印紙税、不動産取得税などがかかります。これらの税金や書類作成の費用は公的な義務なので、避けては通れません。

マンションの販売業者が仲介手数料をとることもあります。ほかには固定資産税や減価償却費、マンションをローンで購入した場合の利息を継続して払うことになります。マンション経営を長く続けていくにつれて、減価償却費は少なくなります。マンション経営で大切なことは、入居者に快適な環境を提供することです。

築年数が古くなれば家賃が安くなり、その分収益も見込めないことを理解しておきます。設備のメンテナンスや修繕手配、共有空間の清掃などにかかるお金は、すべてマンション運用経費でまかないます。建物の耐震性を確保し、外観も入居者にとって魅力的でなければなりません。また、固定資産税や都市計画税、不動産で得た利益にかかる税金、さらに火災保険や地震保険といった各種保険を毎年払います。

マンション経営では、これらの経費を帳消しにでき、プラスの収益を出すために入居者が途切れることがないように工夫する必要があります。マンションを購入するときに入居者の斡旋までしてくれるマンション販売業者を選びます。さらに入居者が不在になったら家賃を保証してくれる業者もあります。