マンション経営の利回りの種類について

マンション経営を行う際には利回りによって優れた物件かどうかを判断することが多いですが、利回りにもいくつかの考え方があって、計算方法は異なります。よく用いられるのが表面利回りと実質利回りです。表面利回りとは物件の取得代金に対する年間の賃料収入の割合を指します。マンション経営を始めるに当たってかかる税金や手数料などの細かい費用を考慮していませんから現実とは少し乖離しますが、目安として用いられます。

表面利回りは、グロスと呼ばれることもありますし、想定利回り、単純利回りと呼ばれることもありますが、どれも同じ意味です。実質利回りとは、税金や保険料、管理費などを差し引いた実質的な利回りを指します。物件の価格だけではなくて、取得するのにかかった費用を考慮し、さらに年間の賃料収入から管理にかかる経費を差し引いて利回りを計算します。ですから、実際にマンション経営を開始したときの利回りは実質利回りに近くなります。

この違いについてですが、住宅を取り巻く環境が変わらないとした場合、実質利回りを用いて計算するのが良いのですが、そのためには色々な費用を計算しなければなりませんから、すぐに知ることはできません。ですから、最初にいくつかの物件をピックアップするときに表面利回りを用いることが多いです。そして購入するに当たって物件を細かく調べていく際に実質利回りを計算するといった方法が現実的な比較方法だと言えるでしょう。