マンションを使った不動産投資を行うなら

不動産投資にマンションを利用する場合は売買で生まれる差分で稼ぐか、賃貸収入を得るといったものが主流です。どちらの場合もある程度は土地価格、物件の良し悪しなどを見る目が重要になります。ただし近年では投資ビジネスのサポートを業務として請け負っているサービスもあるなど、所有する財産次第では知識無しでの投資も不可能ではありません。マンションを所有しているわけでも買うほどの資金もないといった場合は、一室のみ購入して行う投資ビジネスがオススメです。

賃貸収入は少ないもののリスクが低いというメリットがあります。ちなみにこういった形態での賃貸収入はアパートでも得ることができます。どちらが稼ぎやすいかは場所、周囲の環境などにも左右されます。駅前、大学の近所などで求められる物件には違いが見られるものです。

マンションの売買で稼ぐのであれば、安く買って高く売るのが基本です。景気や都市化などの影響で土地の価格は高くなるので、それを利用して売買を行うのがコツです。人口の増加比率などもチェックしておくと、土地がどのような形で価値を変えていくのか予測できる場合もあります。ちなみに物件の価値は築年数によっても左右されるので注意しましょう。

古いマンションの場合、リフォームしたり介護用の改築を行うなどの工夫をした方が売りやすい傾向にはあります。古いマンションを安く買って、特定層をターゲット向けに改築して売るといったことも有効的です。