マンション経営のための建ぺい率と容積率について

マンション経営を行うときには土地に関する法的な知識も持っておくべきでしょう。その一つとして建ぺい率があります。建ぺい率とは、敷地面積に対する建築面積の比率を指します。たとえば、建ぺい率が40%となっている場合を考えて見ると、敷地の40%の部分に建物を建てられます。

たとえば200平米の土地があれば、80平米の部分に建物を建築することが可能です。建ぺい率が高ければ高いほど、大きな建物を建てることができるというメリットがあります。容積率とは、敷地面積に対する延べ床面積の比率を指します。これで何階建てになるのかが決まると考えればわかりやすいです。

延べ床面積とは、すべての面積の合計です。1階部分の面積が100平米で、2階部分の面積が100平米の建物であれば、延べ床面積は200平米になります。ですから、容積率が高ければより高い建物を建てることができるというメリットがあります。容積率や建ぺい率は土地によって決まっています。

というより自治体が定めています。それは土地を有効に活用するためです。マンション経営を行うためには、建ぺい率も容積率も高い方が良いと考えるのは自然なことです。ただ、建ぺい率や容積率の高い土地は価格が高い傾向がありますから、利回りが低下する傾向はあると考えられます。

また、土地いっぱいに高い建物を建てるためには費用もかかりますから、マンション経営を行うための資金調達に苦労する可能性もあるでしょう。賃貸のWi-Fiのことならこちら